本文へジャンプ

大阪桐蔭高校 日本拳法部

第10回 全国高等学校日本拳法選抜大会

期日: 2006年04月01日(土) 〜 2006年04月02日(日)
場所: 千種スポーツセンター
住所: 名古屋市千種区星ヶ丘山手121番地
電話: 052-782-0700
主催: 全国高等学校日本拳法連盟
会長 林 省之介(前・衆議院議員) 
事務局 東大阪大学柏原高等学校 松下忠明
主管: 中部日本高等学校日本拳法連盟
後援: 愛知県・名古屋市・名古屋市教育委員会・日本拳法全国連盟・日本拳法会ほか
女子団体競技の部 1回戦
  大阪桐蔭高等学校 3×0 初芝高校
先鋒 武田(3級) 抑面突・抑面突 2×0 井上(3級)
副将 赤井(弐段) 面突・胴蹴 2×0 辻 (3級)
大将 許 (初段) 面突・面突 2×0 林 (3級)

女子団体競技の部  準決勝戦
  大阪桐蔭高等学校 3×0 藤の花女子高校
先鋒 許 (初段) 面突・面突 2×0 柴田(3級)
副将 武田(3級) 抑面突・抑面突 2×0 向島(2級)
大将 赤井(弐段) 胴蹴・抑面突 2×0 今泉(2級)

女子団体競技の部  決勝戦
  大阪桐蔭高等学校 3×0 橿原高校
先鋒 許 (初段) 胴蹴・胴蹴 2×0 秋江(初段)
副将 木南(公級) 抑面突・抑膝胴蹴 2×0 山本(初段)
大将 赤井(弐段) 胴蹴・胴蹴 2×0 青山(弐段)
大阪桐蔭高等学校日本拳法部 創部23年の歴史において
初の「全国団体優勝」

女子個人競技の部
赤井 優生 3年・弐段(すでに参段合格済み、年齢制限のため允許保留中)
1回戦   シード
2回戦 2×0 藪野(公級・大阪・関西大学第一高校)
3回戦 2×0 橋本(2級・愛知・藤の花女子高校)
4回戦 2×1 武田 友里(2級・大阪・大阪桐蔭高校)
準決勝 2×0 山田(弐段・大阪・関西大学第一高校)
決勝 2×0 平(弐段・大阪・関西大学第一高校)
☆赤井選手は
全国高校選手権大会・全国高校選抜大会・全日本拳法総合選手権大会
大阪高体連3大会(春季・総体・秋季新人)・大阪府私立高校総体 

以上の大会において優勝し、「女子個人」の全タイトルを獲得するという、
高校女子拳法界では前人未踏の快挙を成し遂げた。

武田 友里 2年・2級(すでに1級合格済)
1回戦 2×0 和出(2級・愛知・藤の花女子高)
2回戦 2×0 伊豫田(初段・愛知・桜丘高)
3回戦 2×0 桝田(公級・大阪・関西大一高)
4回戦 1×2 赤井 優生(弐段・大阪・大阪桐蔭高校)
1、2、3回戦は快勝したものの、4回戦で、優勝した赤井選手と対戦し、1−2で敗退した。

本大会の全試合(個人・団体)において、赤井選手から唯一「1本」を奪った選手であったので、ベスト8入賞と同時に「第10回記念特別賞」として「敢闘賞」を受賞した。

赤井 優生 選手(3年生・弐段)全大会<女子個人の部>優勝


2006年度