本文へジャンプ

大阪桐蔭高校 日本拳法部

第15回全国高等学校日本拳法選抜大会 団体の部

期日: 2011年03月26日(土)
開会: 12:-
場所: 大阪市立修道館
主催: 全国高等学校日本拳法連盟(JHNKF)
主管: 西日本高等学校日本拳法連盟
後援: 大阪府・大阪府教育委員会・大阪市・大阪市教育委員会・NHK大阪放送局・大阪高体連日本拳法専門部・讀賣新聞大阪本社・大阪日日新聞社・日本拳法全国連盟・日本拳法会
男子団体の部 準々決勝
  大阪桐蔭高等学校 1×2 大阪(大阪代表)
先鋒 八塚 友彦 2×1 原田
次鋒 片山 一騎 1×1 赤井
中堅 渡辺 亮磨 1×2 岡崎
副将 山原健太郎 0×0 杉本
大将 坂口 真祈 0×1 東風濱
健闘虚しく惜敗した。

女子団体 準々決勝
  大阪桐蔭高等学校 3×0 青翔
先鋒 高橋 美樹 2×0 宇井
中堅 吉田璃利子 2×0
大将 半田  瞳 2×0 尾田
全員2本勝ちで準決勝進出を果たした。

女子準決勝
  大阪桐蔭高等学校 2×1 藤ノ花女子(愛知)
先鋒 吉田璃利子 0×2 近藤愛
中堅 高橋 美樹 1×2 近藤さ
大将 半田  瞳 2×0 金子
藤ノ花のパワー、スピードに太刀打ちできないまま敗退。
全国第3位入賞。

男子団体は、優勝候補の桜丘(愛知)を破って勝ち進んだ大阪高校を相手に善戦した。
女子団体は、奈良青翔に快勝して、3月初旬に合同練習を行った藤ノ花女子との対決となった。組み技でも安定感がある藤ノ花が、思い切って一歩踏み込んだ強打で、高橋、吉田を圧倒した。半田は一矢報いるべく金子に面突き2本で快勝した。
優秀選手賞は、半田瞳が受賞した。


2010年度